体温の上昇がAGA対策に?

体温が上昇するということは、滞っていた体液が流れやすくなるということです。人間の体には、血液、リンパ液などの液体が流れていますが、これが滞ってしまうと、体の各所で不具合が起こってきます。
血液は細胞に酸素と栄養を運ぶ働きをしていますし、リンパ液は細胞から老廃物を回収するゴミ収集車の役割をしています。
血液の流れが悪くなって髪の細胞に栄養がいかなくなると、十分に成長することが出来なくなります。最初のうちは成長期の髪の毛が残っていますが、次第に退行期と休止期の髪の毛が増えてきて、髪が薄くなっていきます。これがAGAです。
女性は男性に比べると薄毛になりにくいのは、男性ホルモンの分泌が少ないからです。逆に、男性は男性らしさを作り出すための男性ホルモンが豊富なので、AGAになりやすくなります。
原因となるのは、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質で、髪の成長を抑制してしまう働きがあります。そのため、髪が十分に成長しないまま抜け落ちてしまうのです。
さらに、生活習慣が乱れたり、体を冷やす生活が続くと、ただでさえDHTの影響で抜けやすくなっている髪の毛にさらにダメージを与えてしまいます。
AGA改善のために体を温めるには、軽い運動が効果的です。入浴や足湯で温める方法も良いですが、これは一時的に体が温まるだけで、根本的には温まる体質改善にはなっていないこともあるからです。
運動すると血管が拡張されて、血の巡りが良くなります。すると新陳代謝が上がり、筋肉が熱を作るパワーが上がるので、体温が上昇します。
もしも運動不足が原因で薄毛が気になるようになっているのならば、階段をなるべく使う、散歩を趣味にする、などを心がけてみましょう。

AGAの検査キット

AGAの原因には男性ホルモンに由来するものと遺伝性のものがあります。AGA検査キットは薄毛遺伝子を自分で調べる事の出来るもので、AGAの原因となるTGF-βタンパク質を生み出すアンドロゲンレセプターの活動力を遺伝的に調べる事が出来ます。自分の薄毛遺伝子を調べる事で将来的な薄毛に備える事が出来る様になるという事です。専門機関で検査するのが確実な方法なのですが、近くに通院できる様な専門機関が無い場合などはこのAGA検査キットは通販で購入する事が出来、検査結果も送られてくるのでおすすめな方法となります。検査自体は簡単で、検査キットに入っているカルポーターを口の中に入れて頬の内側を左右20回程度強めに押し当てから、カルポーターの先の綿の部分が他に接触しないようにして室温で10分程度乾燥させてからキャップをして採取完了です。採取が完了したらカルポーターにIDシールを貼り、同梱されているAR遺伝子検査同意書と検査申し込み書、AGAチェックシートに必要事項を記入した後返信用封筒に入れて発送します。検査結果は通常2~3週間で届き、CAGリピート数とGGCリピート数というものの合計から脱毛リスクを表したものになります。CAGリピード数というのは4つのDNA塩基のうちシトニン、アデニン、グアニンと繰り返す場所の数であり、この数が多い程AGAの原因となるアンドロゲンレセプターの活動が盛んだという事になります。GGCリピート数というのはグアニンとシトニンだけを繰り返す場所の数で、この合計値が高い程AGAになりにくいという事です。ただ、この検査結果が良好であってもAGAにならないという事では無いので、日頃から頭皮のケアなどしっかりしておきましょう。

AGAには足湯が効果的?!

AGA(男性型脱毛症)になってしまう原因のひとつに、頭皮への血流不足があげられます。
血液は体中の各細胞に酸素と栄養を届ける機能がありますが、頭皮の血流が滞ってしまうと、髪の毛に栄養がいかなくなります。
頭皮環境が悪い状態で育毛剤や育毛シャンプーを使っても、カチカチの畑に種をまいて育つのを眺めているようなものです。まずは畑を耕して土地を改善することが、種の成長には必要です。
髪の毛もこれと全く同じことが言えます。
頭皮環境が悪ければ、生えてきた髪もすぐにダメになってしまいます。ヘアサイクルには、成長期、退行期、休止期、の3つがありますが、成長期が短くなり、退行期がすぐに訪れて休止期が相対的に長くなると、髪の毛の密度不足が起こってAGAになってしまいます。
血流を改善するひとつの方法として、足湯があります。足湯は家電量販店で専用の機械も売っていますが、それを使わなくても、両足が入る大きめのタライと、保温ポットがあれば電気を使わずに足湯を作ることが出来ます。保温ポットは大きめのものを用意しておくと便利です。その中にやや熱いと感じるくらいのお湯を沸かして入れておきましょう。
タライに42~43℃くらいの熱めのお湯をはって、足を入れて温めます。ぬるくなってきたら保温ポットからお湯を入れて、火傷しない温度に調整して再び温めます。
この手間が面倒ならば足湯専用の機械を使ったほうが良いでしょう。
AGA対策には、まずは体を温めて血行を良くしてあげるのが一番です。足湯中には体を冷やさないように、ひざ掛けや上着など、上に羽織るものも用意しておきましょう。
入浴中に脚のマッサージをするのも、血流を促すのに効果的です。
■男性のAGAの治療薬の成分
フィナステリド
■AGA治療に効果のフィナステリドが主成分
エフペシアは飲み続けることが大切
■AGAでお悩みの方は脱毛防止効果のフィナステリドと併用可能なこの成分で発毛を促進
ミノキシジルは男性にも女性にも効果あり